どこでも散骨して良いわけではない

自由なライフスタイルが認められ、ひいては自由な葬儀も認められつつあります。


これまでの慣例に従うのみならず、個人の自由の範囲内において、弔い方も選べる時代になっています。
自然葬の一つになりますが、散骨と言う方法があります。
海や山に遺骨をまくというものです。

お墓はあり、遺骨の一部を散骨する方と、お墓はなく、遺骨の全て、またはほとんどを散骨する方がいらっしゃいます。
どちらも、「死んだ後は自然の中に」と言う意識が強いものと思われます。今はお墓のスタイルも様々です。
先祖代々の、と言うお墓の捕らえ方は、今後も引き継がれていくとは限らないとし、墓じまいをされ、自然葬を行って、お参りはその地へ来ていただくのが一つの例です。



人口が増え、家族のあり方も変化し、家と言う概念を外して個々がそれぞれにとっての自由な幸せの追求をしても構わない、と言うのが現在の社会構図になりますが、それに「お墓」の仕組みはそぐわないのではないか、と言うものです。


ある程度までは自由を認められているのが日本ですが、散骨をお好きな場所に、好きな様になさっても構わないと言うわけではありません。細かなことを決めた法律こそありませんが、むやみやたらと散骨なされば、当然お困りになる方が現れます。


海、山とは言え個人の自由にしてよいものではありません。



もし自然葬をお望みの場合は、許可がされている場所か、よく確認することが必要です。

あなたが求めるNAVERまとめに関する情報に追加しています。

そう言ったことを支援する業者もありますので、探してみてはいかがでしょうか。