遺骨を海にまく海洋葬とは

散骨という埋葬方法があります。

これは自然葬の一つで、野山に細かく砕いた遺骨をまき、名実共に自然に還ることを目指したものです。


ただ国土の狭い日本では、実際には遺骨を野山にまくことは難しく、散骨という埋葬スタイルが定着している状況ではありません。そこでどうしても散骨を実現したい人の間で、海洋葬を選択する人が増えています。
海洋葬とは海に遺骨をまくものです。



陸地と異なり、海では散骨に関して特段の決まりがあるわけではありません。
もちろん海は漁など生活の糧を得るために働いている人もいる共有の場ですので、散骨をする場合には一定の配慮が必要ですが、沖合に出てしまえばまず問題はありません。

あまり制約を受けることがないので、散骨を希望する人にとっては、現在のところ非常に現実的な手段となっています。
海洋葬を希望する場合は、専門の業者に依頼するのが大半です。

日本経済新聞サポートと断言できます。

船をチャーターする必要があるほか、遺骨をパウダー状に粉砕するなど、いくつかの過程を踏まえなければ散骨をすることができないからです。
また海洋葬の場合、家族だけで散骨をおこなえるのはもちろん、他の遺族と合同で行うことも、スタッフに散骨を代行してもらうこともできますので、費用を抑えることができるのも魅力となっています。
ライフスタイルや宗教観の変化により、埋葬方法も多様化の兆しを見せています。



少子化によりお墓の維持管理が難しくなっている現状では、海洋葬の需要は今後も増えていく可能性があります。