永代供養のために知っておきたいこと

永代供養とは、お墓を管理することができない、また、お墓参りをすることができないなどの理由でお墓をもつことが困難な場合にお寺などが永代にわたって供養、管理をしてくれるというものです。


一般的には複数の方が一緒に埋葬されるので、合同墓、合葬墓、共同墓、集合墓などと呼ばれます。

NAVERまとめ情報選びをサポートするサイトです。

共同での埋葬なので、墓石代がかかりらないのと、墓地使用料が割安になるので料金が抑えられます。
お寺さんや供養をしてくれる施設によって費用は異なりますが、安いところでは10万円、高くても100万円くらいが相場です。

平均すると30万円から50万円といったところが一般的な予算となります。

永代供養の特徴として、最初に一式の代金を支払えば、その他の料金は以後は取られません。
お墓の管理者に支払う管理費や檀家のお寺さんに払う卒塔婆代などのお布施、寄付金がかからないので、非常にリーズナブルです。ただ、生前に永代供養を申し込んだ場合、年会費を取られるケースもあるので、タイミングには注意が必要です。
お墓のタイプとしては仏塔や石碑の下に地下室を設け、そこに安置するもの、納骨室を建物として設置するもの、一般的なお墓のように個別に墓石を用意するものなどが考えられます。



最近では樹木の下に納骨する樹木葬や自治体などの許可を得た海域に散骨する海洋葬などもあります。



供養は毎年、春と秋のお彼岸、お盆に行われるのが一般的ですが、お寺さんによっては毎月決まった日に供養が行われたり、命日の供養、回忌供養が行われたりという場合もあるので、別個に問い合わせることが大切です。